読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Azure Machine LearningのAPIテストを簡単に行うようにするためのツールをオープンソースで公開しました

前々から思ってたのがAzure Machine LearningはStaging APIを使うのにC#のコードを書いて(コピペだけど)いろいろ大変なのでGUIで各パラメータを保存できるようにしたらAPIテストが便利だろうなーと思ってツール作りました。

こんな感じ

f:id:garicchi:20150404053844p:plain

一応Request/ReponseとBatchExectionはまともに動きます。RetrainとAddEndpointはドキュメント通りにやってるつもりなのに動かなかった。

特徴としてはRequest/ResponseのAPIjsonで入力した結果をtsvとして吐き出してくれるので便利かどうか怪しい。

BatchExceptionはAzure Blob Storageに上がってしまう出力結果を強制ダウンロードする機能付き

メニューバーからFile→Saveを押すと今入力しているパラメータをすべて.apiprojというファイルに保存することができます。

あとはあの時のパラメータ復元したいと思った時にLoadすればパラメータ復元できます。

ソースコードはこちらから。バイナリ配布はしてません

github.com

Retrain

それはそうとして、Retrain API(再学習)がまともに動かないの誰か教えてください...