がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Azure MLのpythonモジュールを使う

Azure MLにはExecute Python Scriptというモジュールがあり、これを使うことでデータフレーム間にpythonスクリプトを書くことができます。

f:id:garicchi:20150323000603p:plain

Execute Python Scriptには3つの入力がありますが左から2つがdataframe1、dataframe2に対応します。 3つめの入力はzipファイルに圧縮したpythonモジュールを取り込む用のやつです。

def azureml_main(dataframe1 = None, dataframe2 = None):
    
    for row1 in dataframe1['column1']:
#colmun1列のrow1を処理

    print('Execute Python Script')
    return dataframe1,

出力の左側にはreturnで返したデータフレームが出力され、右側にはprintで出力した文字列が出せたり、画像が出せたりします。

f:id:garicchi:20150323001710p:plain