がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Azure Mobile ServicesのJavascriptバックエンドでデータ挿入時に時間を含めたい

MobileServicesはデータ挿入時に自動で__createdAtというカラムが追加されるはずなのですが何故かスクリプトから参照できなかったので自前でタイムスタンプを入れることにしました。

データ挿入時のスクリプトをこうします。

function insert(item, user, request) {
    
    var offset=9;
    
    var date=new Date((new Date()).getTime()+offset*60*60*1000);
    var month=date.getMonth()+1;
    var day = date.getFullYear()+"/"+month+"/"+date.getDate();
    var time = date.getHours()+":"+date.getMinutes()+":"+date.getSeconds();
    item.day=day;
    item.time=time;
    request.execute();

}

日付はDateオブジェクトを作ることでOKなのですが、世界標準時なので日本時間に変換します。 月は確か0~11になっちゃうので+1します。

あとはitemに勝手にdayとtimeというカラムを増やして値を入れれば勝手にカラムが増えます。