読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

VisualStudio2013用にXNAがアップデートされました

XNA

XNAは何度でもよみがえるさ!

といわんばかりにXNAがアップデートされていました。

2014春にXNAがサポート終了されるとのことだったのですが新しいプラットフォーム(WinRTなど)には対応しないけど新しい開発環境で使えるようにはアップデートしてあげるよ!

ってことでしょうか。

というわけでXNA Game Studio4.0.4をダウンロードして、zipを解凍、 1、2、3、4の番号が振ってあるディレクトリにあるインストーラを順にインストールし、 最後にXNA Game Studio 4.0.vsixをインストールするとXNAがVisualStudio2013で使えるようになります(やったねたえちゃん!

https://msxna.codeplex.com/releases/view/117230

f:id:garicchi:20140817163029p:plain

しかし相変わらず作成できるWindowsPhone7.1までしか対応していません。もちろんWinRTも無理です。

f:id:garicchi:20140817163114p:plain

今からWindowsPhone7.1用のゲームをつくるぜ!!って感じのドマゾな方は歓喜ですが、XNAはやはり滅びそうです。

MonoGameへ

世の中にはMonoGameというXNAとほぼ同じ文法でクロスプラットフォームのゲームを作れる素晴らしいものがあります。

MonoGame - Write Once, Play Everywhere - Home

しかし、MonoGameにはコンテンツパイプライン用のVSTemplateがVS2013に対応しておらず、うまくコンテンツパイプライン用のプロジェクトを作ることができませんでした。

しかし、今回のXNA VS2013対応によってコンテンツパイプラインでリソースを作成できるようになりました*1

XNAすごい

*1:まだ試してないですが