読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

VisualC++ 2013パーフェクトマスター読了!

C++ 書籍

f:id:garicchi:20140813111248j:plain

夏休みなので3日間ぐらい夜中に読みました。

金城俊也著のVisualC++2013パーフェクトマスターです。 もともとはDirectX11をいじるために3年前ぐらいにクラスの作成ぐらいまで勉強していたC++をちゃんと理解しようと、赤坂さんのVisualC++本を読もうと思っていたのですが、偶然大学の図書館でこの本を見つけたので無料だし読むことにしました。

本の概要

この本自体は初版が2014年3月10日なので最近の変化が激しい?VisualC++のなかでも最新の技術をいい感じに学べるので良い本です。

最初に標準C++の基本的な解説があり、続いてSTLやストリーム、そしてC++/CXの解説、最後にストアアプリの作成入門みたいな流れで本が書かれています。

本のみやすさ

f:id:garicchi:20140813110322j:plain

さすが初心者を挫折させないパーフェクトマスター系の本です。 カラフルな色使いと十分な図と余白で見やすかったです。

また、各項目の最初にはその項目で解説する技術の概要が簡単に書かれていて、その後詳細が書かれているような感じになっています。

こういう人が読むといいかも

とかよくわかんねって人とか

C++やってみたいけどどの本で初めたらいいかわからんみたいな人とか

VisualC++でストアアプリをつくりたいんや!!って人とか

ある程度やったことがある人にもよい復習になると思います。

感想

かなり良い本でした。

結局、VisualC#パーフェクトマスターしかり、何か新しい技術を学ぶときはこのパーフェクトマスターシリーズはかなり助けになってくれます。

何か新しい技術を学びたいんだけどとりあえず人気の本買っとくかたいな感じでオライリー買ってみて結局読まないみたいなことをするぐらいならいっそ自分はできないやつだと認めてパーフェクトマスターみたいな入門書を買うと十分パーフェクトな理解をすることができます。

個人的にはL"hogehoge"みたいなワイド文字列がわかってよかった。

お値段も2800円なので手元に置いておきたいかも*1

*1:手元に置いておくには少し大きいかもしれない