読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

方位センサーを利用するには

WindowsRuntime

方位センサー

方位センサー(またはコンパス)は、タブレットがどの方位を向いているかを取得することができます。

取得できる値は、タブレットの上方が北からどれだけ回転しているかの角度の値です。

8

 

Compass

方位センサーを利用するには、Compassクラスを使用します。

ReportIntervalに取得間隔を設定し、

ReadingChangedイベントで方位角度を取得することができます。

 

まず、このようなUIをつくります。

<Grid>
    <TextBlock x:Name="text_compass" HorizontalAlignment="Left" Margin="53,121,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" FontSize="24"/>

</Grid>

 

コンストラクタではCompassクラスを初期化し、ReadingChangedイベントで値を取得、表示します。

Compass compass = Compass.GetDefault();
compass.ReportInterval = compass.MinimumReportInterval * 50;

compass.ReadingChanged += async(s, ee) =>
{
    await Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () =>
    {
        text_compass.Text = string.Format("北から{0}度", ee.Reading.HeadingMagneticNorth.ToString("F0"));
    });
    
    
};

 

方位センサーを利用するには | garicchi.com