読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

VisualStudioでWebサイトを作る

ASP.Net

Webサイトを作る

VisualStudioのメニューバーから[ファイル]→[新規作成]→[プロジェクト]を押します。

 

インストール済みテンプレートから、Web→VisualStudio2012と進み、[ASP.NET空のWebアプリケーション]をクリックします。

名前に[TestWebPage]と入力し、OKを押します。

1

Pageを追加する

プロジェクトが作成できたら、メニューバー→[プロジェクト]→[新しい項目の追加]を押します。

2

 

左のテンプレートから、[VisualC#]→[Web]→[Razor]を選択し、

Webページ(Razor v3)を選択。

名前を[index.cshtml]として追加を押します。

indexとはそのディレクトリへHttpアクセスが起こったときに最初にアクセスされるページの名前です。ほかにもDefault.cshtmlなどがあります。

3

Htmlを編集する

追加できたら、index.cshtmlを以下のように編集しましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>テストWebsite</title>
    </head>
    <body>
        ほげほげ
    </body>
</html>

 

Webサイトを実行します。

ツールバーの緑色の三角形を押します。

4

 

Webサイトを実行できました。

5

 

普通のHTMLタグが使用できます。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>テストWebsite</title>
    </head>
    <body>
        <h2>ほげほげ</h2>
    </body>
</html>

 テスト実行ブラウザを変更する

また、ツールバーの緑色の三角形の横の三角形を押すことでインストールされているさまざまなブラウザでテスト実行することができます。

6