読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

CameraCaptureUIで動画を撮るには

CameraCaptureUI

WindowsRuntimeでは写真や動画を簡単に撮れるようにCameraCaptureUIというAPIがあります。

これは既に用意されたUIを呼び出し、ユーザーが写真を撮って、StorageFileを取得することができます。

APIが用意した既存のUIを使うのでわざわざ自分でカメラで撮るUIを用意しなくても良いので便利です。

(2014/6/29時点でWindowsPhone8.1には対応していません

19

使い方はCameraCaptureUIを初期化して、CaptureFileAsyncメソッドを呼び出します。

このとき、CameraCaptureUIModeをVideoに設定します。

CameraCaptureUI captureUI = new CameraCaptureUI();
IStorageFile file=await captureUI.CaptureFileAsync(CameraCaptureUIMode.Video);

 

VideoSettingプロパティでトリミングの許可などのさまざまな設定を変更することができます。

CameraCaptureUI captureUI = new CameraCaptureUI();
captureUI.VideoSettings.AllowTrimming = true;   //トリンミングの許可
captureUI.VideoSettings.Format = CameraCaptureUIVideoFormat.Mp4;   //フォーマット
captureUI.VideoSettings.MaxDurationInSeconds = 1000;    //最大録画時間(分)
captureUI.VideoSettings.MaxResolution = CameraCaptureUIMaxVideoResolution.HighestAvailable;//最高解像度1

IStorageFile file=await captureUI.CaptureFileAsync(CameraCaptureUIMode.Video);

 

動画をとる場合、マニフェストファイルの機能タブから、 マイクとWebカメラにチェックをいれる必要があります。

20

 

 

取得した動画は

C:\Users\garicchi\AppData\Local\Packages{AppID}\TempState\

ディレクトリにあるのでパスを持っています。

なのでMediaElementのSourceプロパティに指定することで動画を再生できます。

mediaElement.Source = new Uri(file.Path);

 

CameraCaptureUIで動画を撮るには | garicchi.com