読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

アプリのプロファイリングを行うには

WindowsRuntime VisualStudio

プロファイリング

プロファイリングとは、プログラム実行とともにバックグラウンドで性能情報を収集し、プログラムの性能評価(プロファイル)を行うことです。

Windowsストアアプリでプロファイリングを行うと、プログラムのどの部分がどれだけ時間を消費しているのかなどを知ることができます。

VisualStudioProfessinal以上では、標準でプロファイラーが付属し、アプリのプロファイルをとることができます。

プロファイルを取得する

VisualStudioのメニューバー→[分析]→[プロファイラー]→[新しいパフォーマンスセッションの開始]を押します。

f:id:garicchi:20140507194801p:plain

パフォーマンスエクスプローラーが表示されるので[ターゲット]を右クリック→[ターゲットプロジェクトの追加]を押します。

f:id:garicchi:20140507194821p:plain

プロファイリングを行いたいアプリのプロジェクトを選択します。

f:id:garicchi:20140507194840p:plain

[パフォーマンス]を右クリック→プロファイルの開始を押します。

f:id:garicchi:20140507194947p:plain

プロファイリングが開始されます。

プロファイリングを停止させたい場合は[プロファイルの停止]を押します。

f:id:garicchi:20140507195000p:plain

プロファイル結果が表示されます。

f:id:garicchi:20140507195035p:plain

プロファイリングを行うには | garicchi.com