がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

閉じ方を指定してSettingsFlyoutを表示する

8.1から導入されたSettingsFlyout、基本的な使い方は設定項目をおいて、ユーザーにアプリの設定をしてもらうわけですが、普通にコンテンツをおいても使えます。

通常の使い方はSettingsFlyoutのShowメソッドで表示するのですが、この場合バックボタンを押したとき設定チャームが出現します。

スナップ時とかに出現させるとこれがだるい。

どうにかならないかなーとかんがえてたら


と酢酸大先生のおつげが

SettingsFlyoutにはShowIndependentというメソッドがあるのでこれを利用して表示させると、バックボタンを押したときに設定画面が出ずに、アプリに戻ります。