がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Twitter4JでOAuth認証できないとき

TwitterAPIの最大の難関OAuth認証ですが2日ぐらい積んだのでメモ

OAuth認証するときはたいていRequestURLをOS標準のブラウザで開くという作業をするのですが、ブラウザで開くというのはOS依存が大きく、特にawtをとかをつかったブラウザで開くはMacOSの場合では動かなかったりします。

 

じゃあ組み込みWebBroeser(JavaFXではWebView)でいいじゃんっておもい、組み込みブラウザで認証してみようとすると、

なんのエラーも吐かずにAccessTokenがnullになる。

 

なぜかはわからないけど、組み込みWebブラウザで認証しようとするとAccessTokenがnullになります。

ということでJavaFXでTwitter4Jを叩くなら、RequestURLをクリップボードにコピーし、自分でブラウザで開くようにしてもらうのが一番だとおもいます。

こうすればOS依存も少ないです。そもそも認証もアカウント追加するときしかしないしそんなにめんどくさくないかと。