がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Hello worldを出力する

まずはお決まりのHello worldを出力するところから始めましょう。

VisualStudioのファイル→新規作成→プロジェクトを開きます。

左の欄から、VisualC#を選択、真ん中のリストからコンソールアプリケーションを選択し、適当な名前を入力し、OKを押します。

 

以下のコードを入力します。

[csharp]using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Text;

using System.Threading.Tasks;

namespace _1_1_1

{

class Program

{

static void Main(string[] args)

{

Console.WriteLine("Hello world");

}

}

}

[/csharp]

Main関数あたりは自動生成されるので今回の変更点はConsole.WriteLine("Hello World");の部分です。

 

では、ツールバーのデバッグデバッグなしで開始を押し、実行します。

Hello worldと表示されましたね。

今回のプログラムは、Console.WriteLine();のカッコの中に書いたものを出力するというものです。

ちなみに"Hello world"の両端の「"」(ダブルクオーテーション)はその中のものを文字列であると定義するものです。

つまり、Console.WriteLine();というプログラムで、Hello worldという文字列をコンソールに出力できたわけです。