がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

WinRTから簡単にTwitterにつぶやけるライブラリをNugetで公開しました

今回のパッケージ名は「TweetPane」です。

既存のTwitterにつぶやくライブラリといえば、TwitterRTが僕の中ではでてきますが、

TwitterRTはConsumerKeyを取得したり、全画面ででてきたり、キャッシュがのこらなかったり戻るボタンでつぶやいてしまったり...(あくまで個人の感想です)

TweetPaneはSettingsPaneのようなUIでつぶやくことができます。

キャプチャ

もちろんログインキャッシュも保存されますし、すぐに起動、終了が可能です。アプリの概観を崩しません。

コードとしては、2行でつぶやくことができます。TweetPane名前空間内にあります。

第一引数にペインのヘッダタイトル、第二引数にヘッダのカラー、第三引数につぶやきたい文字列、

オーバーロードで、第四引数にハッシュタグを加えることができます。

[csharp]

CreateTweetPane tweet = new CreateTweetPane("ヘッダタイトル",Color.FromArgb(255,108,187,90),"つぶやくテキスト");

tweet.OpenPane();

[/csharp]

もし、ネットワークがつながっていないなどで、つぶやけなかったときや、呟けたときはイベントが発生します。

[csharp]

//つぶやけたとき

tweet.TweetCompleted += (s, e) =>

{

};

//つぶやけなかったとき

tweet.TweetFaild += (s, e) =>

{

};

[/csharp]

※アプリにつぶやく機能を実装するとランキングに載るの法則はアルパカ牧場で実証済みです