がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

Windows8アプリがタッチ環境を見分ける基準


前からちょっ気になってたけど放置していた問題、
なぜか突然Metro版IEがスタート画面に無くなってデスクトップ版IEしか起動しなくなる現象。
原因は既定のブラウザです。
僕の場合は、GoogleChromeをインストールして、既定のブラウザをChromeにしたせいで、Metro版IEが起動しなくなり、スタート画面のIEを押しても、
デスクトップ版IEしか起動しなくなりました。


Windowsキー+Qで検索画面を出して、"launch"と検索して、設定→リンクの開き方を選択を見てみると、

InternetExplorerタイルをクリックするとデスクトップで開くというチェックボックスがあるので、これを解除した状態でChromeを既定のブラウザに設定すれば...
と思い、Chromeを既定のブラウザに設定すると、

こいつ...ロックかけやがった...

どうやらシステムは他社のブラウザ使うならMetro使わせねー...というわけではなく、
デスクトップ版のブラウザを既定のアプリにするなら、その環境はデスクトップ環境である可能性が高いのでデスクトップIEを起動する。
タッチブラウザを既定にするならタッチ環境であるの可能性が高いからMetroにする。
という風に環境を判断しているみたいです。
Metro版Chromeがでたらどうなるんですかね。おそらくタッチ環境と判断され、MetroIEしか起動しなくなると思いますが。

個人的にはデスクトップIEとMetroIEをどっちもスタート画面に置けたらいいと思ってますが、
ここら辺がタッチUIとデスクトップUIを混合させたMicrosoftの、「自然にあなたの環境にマッチする」という考えの表れではないでしょうか。