がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

キーが押されたことを検知する

キー判定が若干変わってました
.Net時代は確かKeys列挙体で判定してたのですが
WinRTではVirtualKey列挙体みたいです。

キー押した瞬間判定

private void Button1_KeyDown(object sender, KeyRoutedEventArgs e)

{

if (e.Key == VirtualKey.Enter)

{

//押された

}

}


キー押したあと上げた瞬間判定

private void Button1_KeyUp(object sender, KeyRoutedEventArgs e)

{

if (e.Key == VirtualKey.Enter)

{

//押された

}

}


VirtualKeyは列挙体なので
変えて判定しましょう。