がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

バッジ通知入門

Windows8においてタイルの更新でもう一つ重要なのが、
バッジとして、数字やアイコンを設定できます。

まずはタイルに数字を設定。

//バッジの数字テンプレートを取得(Xml)

var badgeXml= BadgeUpdateManager.GetTemplateContent(BadgeTemplateType.BadgeNumber);

//数字を設定

((XmlElement)badgeXml.GetElementsByTagName("badge")[0]).SetAttribute("value", "89");

//バッジ通知クラスの生成

BadgeNotification noti = new BadgeNotification(badgeXml);

//バッジ通知送信

BadgeUpdateManager.CreateBadgeUpdaterForApplication().Update(noti);


数字の代わりにグリフも設定することができます。
グリフとは小さいアイコンのようなもので、どのような通知が来ているのかをわかりやすく表示できます。
今回は”newMessage”と指定していますが、メールのアイコンが出てきます。ほかに何があるかは調べてないです。

//バッジのグリフテンプレートを取得(Xml)

var badgeXml= BadgeUpdateManager.GetTemplateContent(BadgeTemplateType.BadgeGlyph);

//アイコンを設定

((XmlElement)badgeXml.GetElementsByTagName("badge")[0]).SetAttribute("value", "newMessage");

//バッジ通知クラスの生成

BadgeNotification noti = new BadgeNotification(badgeXml);

//バッジ通知送信

BadgeUpdateManager.CreateBadgeUpdaterForApplication().Update(noti);

タイルいいですね。