がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

アプリにプライバシーポリシーをつける


アプリによっては、プライバシーポリシーをちゃんと記述していないと、4.1でリジェクトされてしまいます。
まず、プライバシーポリシーとは
プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。
Wikiペディアより抜粋

個人情報を取り扱うアプリでは必要そうですね。ちなみに僕はローカルの画像を参照するだけでプライバシーポリシーいるって言われました。

ではどうするか。
まず、ご自身のWebサイト、ブログでもいいですが、プライバシーポリシーを書きましょう。
f:id:garicchi:20120914233120p:image
僕は英語にしましたが、日本語で、適当なところから抜粋して可変したら大丈夫です。

次にアプリの設定にプライバシーポリシーを追加します。

protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)

{

SettingsPane.GetForCurrentView().CommandsRequested += (s, args) =>

{

UICommandInvokedHandler handler = new UICommandInvokedHandler*1;

});

SettingsCommand pryCommand = new SettingsCommand("プライバシーポリシー", "プライバシーポリシー", handler);

if (args.Request.ApplicationCommands.Where(x=>x.Id==pryCommand.Id).Count()==0)

{

args.Request.ApplicationCommands.Add(pryCommand);

}

};

}


これでアプリの設定チャームからプライバシーポリシーをブラウザで表示できるはずです。

*1:command) =>

{

//resultがtrueならブラウザ起動成功。falseなら起動失敗

var result = Launcher.LaunchUriAsync(new Uri("http://d.hatena.ne.jp/garicchi/20120909/1347190214"