がりらぼ

WindowsRuntimeの応援ブログ

WindowsPhoneが普及してない理由

f:id:garicchi:20120220092346j:image
※この記事はがりらぼ管理人の超個人的主観が含まれております

なぜWindowsPhoneが大好きでWindowsPhoneを応援している私がこんな事を書いているかと言うと、先日友人がスマフォを何にするかで悩んでいて私は「失敗したくないんだったらiphoneじゃね?」と言うと、「周りみんなiphoneだから嫌だ」と言われました。
その友人はWindowsPhoneよくね?

と言いました。

正直WindowsPhoneはアプリ数が少ないのがかなりの難点で、周りがなめこで遊んでるのに自分だけ遊べない...そんなことを経験して欲しくないので友人にはiphoneを進めているわけですが、個人的にはWindowsPhoneに普及して欲しいです。

では、なぜWindowsPhoneは普及しないのか原因を超主観的に考えてみました。

  • 対応アプリが少ない

コレにつきますね。正直WPが売れない原因はここが一番のネックだと思われます。アプリ少ない→みんな使わない→企業も稼ぐプランがない→アプリは減る一方。コレの無限ループです。
そのためにMSさんが全国でハッカソンを行なっているわけですが、やはり企業のアプリが入らないと今のスマフォ市場にはついていけなさそうです。

  • 周りがみんな使っていない

私みたいな変人はともかく、一般人からしたらiphoneがスマフォみたいなイメージも強いのではないでしょうか。周りがiphoneだから私もiphoneみたいなノリでiphone一択になってしまってるのでしょう。

  • 機能が十分でない

ある程度はあると思うのですが...
iphoneandroidもメジャーアップデートを4回以上繰り返してきたOSです。そのたびにユーザーの意見などを取り入れていったのでしょう。スマフォとしての機能は満足できるものです。
しかしWindowsPhoneは縦画面ロックができない。スリープ時にwifi切断。プッシュ通知遅い。タイル更新の制限がある。タッチ感度がよすぎて誤タッチする。
などOSレベルでしかたない。しかし、スマフォには無いと困るみたいなところが時々かけています。MSさんにはユーザーの声もたくさん取り入れて欲しいところ。とくに寝ながらIEをいじれないのは悲しいです。

ではWindowsPhoneの利点とは!?

まずひとつ上げるとしたらデザインでしょう。メトロとタイルスタイルは僕もとても気に入ってるし、友人もこういうところを見ていたのでしょう。メトロを読みにくいなどと思う人もいますが、フューチャーフォンの形をしていると僕は思います。

次は開発のしやすさですね。
さすがはMSさん、.Netの資産を大いに生かした開発環境でとてつもない開発スピードを実現します。私はiosandroid、WP7の3つを一応持っていて、3つとも開発経験がありますが、WindowsPhoneがダントツの開発のしやすさです。(個人差があります)
この開発スピードでぜひともスマフォ市場に追いつきたいものです。

最後にヌルサクだと思われます。
このヌルヌル感はWP7でしか味わえません。更にシステムの安定性も十分です。一般ユーザーはアプリが止まったら、必ずバックボタンかホームボタンを押す傾向があると思われます。しかしそんな時にシステムも止まってしまっては信頼性を問われます。やはり物理的なホームボタンを押したら絶対にホームに戻るというのは重要なのでは無いでしょうか。

超個人的主観で書いてましたが、やっぱりWP7は素晴らしいと思われます。
これから流行るのか否かと言われると僕には何も言えませんが、流行ることのできる形をしているとは思います。
更にべつの友人が「WindowsPhoneっておしゃれじゃね?」と言ってきたこともあります。
そうです!!ユーザーはWPを求めているのです。
しかし現実はそう甘くなく、WPは普及できて無いままです。
私を含め開発者の方々はWP開発者を増やし、ご自身でも大いにアプリ数を増やしていただけたらと個人的意見です。
WindowsPhoneにはぜひともスマフォ市場に追いついてほしいものです。

※追伸
あとから言われて分かったのですが日本で扱うキャリアが少ないのと端末が少ないのも問題ですね。
私もドコモから出たら即効で買います。
解像度一定の色々な端末に乗れるOSは今のスマフォ市場に新風を巻き起こしてくれるのではないでしょうか。